ウィルス情報局

◇ 対策の基本

□ 不審な添付メールは開かない。(特に、.exe 等の実行ファイル)
WindowsUpDateサービスをこまめにチェックする。
 + InternetExplorer のバージョンが 5.x なら、SP2以降に更新する。
 + OutLook(Express) は、最新バージョンをチェックする。
□ 妖しいサイトへのお誘いが来ても行かない。(笑)

◇ 流行り病

□ WORM_KLEZ.E:クレズ-E(ワーム);[ 2002/04/17(Wed) 02:39 ]

感染経路:
E-mail への添付ファイル
IEのセキュリティホール(Nimdaと同じ型)
ネットワーク共有ドライブでの繁殖

被害:
システム日付が奇数月(1月/3月/5月/7月/9月/11月)の6日に発病、
特定の拡張子(TXT、DOC、XLS等々)を持つファイルを上書きして破壊。

特筆すべき予防方法:なし

感染時の対策方法:http://www.trendmicro.co.jp/klez/ を参照。

◇ 落とし穴(セキュリティホール)

□ InternetExplorer(ブラウザ)[ 2002/04/19(Fri) 04:35 ]

「戻る」でアクセスしたページでは、IEのセキュリティ設定が無効になるようです。
もし、そのページに特定の(悪意のある)JavaScriptがあったら・・・。
修正パッチを待ちましょう。


戻る